US-VT ビジョントレーニング TARAchangブログ

アスリートは、パフォーマンスUPのため動体視力・両眼視・調節機能・周辺視野etc 各視覚機能の強化!子供は「見る力」の改善に!US-VTビジョントレーニング‼️

『よくぶつかる、よく転ぶ』両眼視の機能はしっかり成長してますか⁉︎ US-VTビジョントレーニング

 

こんにちは!

 

両方の目で、一つのものを見ることを『両眼視』といいます。私たちの目は、両眼視することで、立体感や奥行き感がつかめます。

3D映画がブームですが、この迫力ある映像を見えることができるのは、私たちの目の両眼視の機能が、しっかり機能しているからです。

f:id:TARAchang:20210615081859j:plain

詳しく紹介しますと、

人の左右の目の瞳孔間距離は、子供で(約55mm~60mm)、大人で(約60mm~65mm)離れていまが、左右それぞれの目に映る映像は距離に応じて多少のズレが生じています。これを両眼視差といいます。

 

※【両眼視差】イラスト

 

f:id:TARAchang:20210615082721j:plain

立体感や正確な奥行き感を感じるためには、左右の目と脳が、しっかりと機能し両目がバランスよく使えているかが重要ですが、両目で見ている人でも左右の目をバランスよく使えていない子どもが非常に増えています。😲これもまたデジタル環境下が、大きな原因だと考えられています。

 

【両眼視】について、

外界の情報を見て遠近感や立体感を感じる視覚機能です。両目で見るとは、左右同時にとらえた映像は、右目の映像は左脳へ左目の映像は右脳へ送られます。

この両目で見た『両眼視差』のある映像を脳で処理し奥行き感(遠近感)と立体感を認識します👀😲

 

下記のイラスト『両眼視』

・右目で見た「ハートA」の映像は、左脳へ

・左目で見た「ハートB」の映像は、右脳へ

この時は「両眼視差」を感じて「ハート」の大きさ、形、色、立体感、距離感を脳が認識します。

f:id:TARAchang:20210615090404j:plain

 

 両眼視が上手く機能していないと立体感や遠近感がつかめなくなり、外界の映像は平面(2D)の世界になってしまいます。

 

両眼視が機能していない人は、どのような目の状態なのでしょうか?🤔

⑴ 斜視がある人・・・斜視があると両眼視できず片目しか使わない

⑵  斜位が大きく時々斜視になる・・・普通は両目を使って両眼視してますが、疲れたときやリラックスしている時に目の位置が外にズレてしまう目(間欠性外斜視)

弱視の子ども・・・弱視で両眼視の機能がなく治療やトレーニングをしていない。6歳までの発見と治療が必要です。

⑷ 左右の視力の差が大きい人(不同視/ガチャ目)

 

【眼科医 平松Dr YouTube動画 斜視弱視


www.youtube.com

 

上記のような子どもは、両眼視が上手く機能していないため日常生活や学校生活で「障害物にぶつかる、階段などで転ぶ」などが多くなります。また、ボールをキャッチしたり身体を使った運動が苦手です。

足元の状態に合わせて障害物にぶつからないように歩く足の動きは、視覚からの情報が主になりますが、両眼視の機能がしっかり育っていないと対象物の遠近感や階段などの凹凸、地面の凹凸を見る機能に問題を生じてしまうためなのです。💦

 

弱視 →  不同視 →  斜視』は連動して起こりますので、早期発見と治療が必要です。関連記事は下記の記事を参考にして下さい。

usvtvision.work

 

また、両眼視ができていても両目を上手く使えない(両目のチームワーク)子どもには、US-VTビジョントレーニングの3つのトレーニングで改善して下さい。

 

【両眼視トレーニング】

ブロックストリングトレーニン

両目のバランスよい使い方、両目のチームワークトレーニングには、手軽で簡単なブロックストリングを使ったトレーニングが効果的です!

usvtvision.work

usvtvision.work

 

輻輳力(ふくそうりょく)強化トレーニン

寄り目の強化です。外眼筋の鼻側のトレーニングです!両目のチームワークがとれていない原因の多くは、この寄り目が上手くできていないからなのです。

usvtvision.work

usvtvision.work

 

⑶ フリッパートレーニン

フリッパートレーニングで外眼筋の鼻側と耳側の筋肉の動きを柔軟にしてスムーズな視線移動とピント調節を改善します!

usvtvision.work

usvtvision.work

 

【まとめ】

「よくぶつかる、転ぶ、運動が苦手」の子どもの原因の一つには、両眼視の機能に問題があるケースが増えていると言われています。特に『弱視や斜視』の子どもで、見逃されているケースが少なくないと言われています。

ポイントは両眼視の機能が完成する6歳までに見つけてください😲この6歳を越えてしまうと視力矯正もできなくなる可能性があり、見えてない使わない目が斜視になってしまいます。😨

得に学校の先生や保護者の方は、日頃の子どもの生活や学校生活の中で「気付き」があれば、なるべく早い段階で、眼科医の相談をお勧めします👀

 

 

調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング【調節緊張改善・調節スピード向上・外眼筋強化】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

 

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

https://vision1121.thebase.in/

 

 

 

【US-VTビジョントレーニングがオンラインで学べます!】 

ストアカ

 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

教科書やタブレットが見えない⁉︎『子どもの近見視力不良』の原因と改善方法は!US-VTビジョントレーニング

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

 

こんにちは!

 

本日は、子どもの「近見視力不良」の症状や原因について紹介しておこうと思います👀

 

f:id:TARAchang:20210608074309j:plain



視力とは、学校や眼科、メガネ店で検査する遠くの視力「遠見視力」が一般的な検査ですね。遠くの視力が、左右共に「1.0~1.2↑」あれば、「視力は良好です」で終わっていたと思います👁

しかしデジタル社会の影響や先天的な強度遠視の子どもが増えていて、近くの文字にピントが合わない近見視力不良」の子どもが増えています。近見視力不良は、「※輻輳不全(ふくそうふぜん)」と違い文字が二重に見えるというよりピントが合わない症状です😲

f:id:TARAchang:20210608081230j:plain

※近見視力の検査・・・目から30cm離れた位置で近点視力表を用いた検査

輻輳不全の症状や原因、改善方法は、

usvtvision.work

 

近見視力不良に問題がある子どもの症状ですが、目が疲れ肩がこりやすく集中力が続かない等の弊害が報告されています。また近見視力不良だった子どもによる感じの書き取りを調べると、画数か1本ぬけていたり、つきぬけないはずのところがつきぬけていたりと間違いが目立ち、能力ではなく視力の問題だと考えられています。

 

※古いデータですが、約2割に近い人数に近見視力不良の子どもがいることには驚きます🤔

ここ数年は、さらに増加していると予想されます。


www.youtube.com                     【Singo Nakataさん投稿動画参照】

 

【原因】

⑴ 比較的強い遠視があり焦点合わせに苦労して、ピントが合わなくなるケース

下記のイラスト、左図のように外界の情報が入ってきた際、焦点が網膜上に結ぶとしっかり見えている(視力がよい)状態です。右図のように網膜の後方に焦点が結ぶ目の状態の人が遠視です。この焦点のズレを水晶体を膨らませてピント調節しますが、常に毛様体筋を緊張させて調節しますので、大変疲労し限界がくるとピントが合わせられなくなります。😲

 

f:id:TARAchang:20210608085336j:plain

 

両目とも同程度の遠視であれば比較的早く周りの大人も気づき、対処も比較的に容易ですが、片目の強度遠視の場合は、気づきにくく、片目が見えているため本人も周りの大人も気がつかずに、小学高学年まで「※片目が見えていないことに気づかなかった」という子どもは少なくありません。😨  『※不同視遠視・・・左右の視力が大きく違う遠視のこと

視覚の機能が完成するポイント「6歳」までに、片目が見えていないことに気づかないとない弱視になり「斜視」に移行してしまいます。

6歳までに気づいて眼科での対応や治療が必要ですが、この6歳のポイントが遅くなればなるほど視力の回復ができなくなりメガネでの矯正も不可能になります。大多数は3歳児健診で発見されますが少数で見逃されていたり健診を受けていないなどで発見されないケースもあります。

 

⑵ 調節機能低下によるケース

人の目は、遠くから近くまで、常に瞬時にピント合わせができる調節力と調節スピード(刺激と反応)を持っていますが、昨今のデジタル機器の普及で、今は2歳児の子どもからスマホを長い時間注視してます。6歳までが目の成長に大事な時期なのですが、2歳からこのような目の酷使をさせてしまうと調節関連の機能低下は、想像ができると思います😨「近見視力低下」のみならず、幼児から小学生の「急性内斜視」は典型的な症状ですね💦年々増加しており眼科医師が警鐘してます。

 

【調節性内斜視のニュース番組です  TOKYO MXさんYouTube動画参照】


www.youtube.com

 

【遠視の発見と調節機能改善、スマホ依存からの内斜視にならないための方法】

強度遠視の発見や内斜視にならないための予防方法は、US-VTビジョントレーニングのフリッパートレーニングが有効です。

 

フリッパートレーニングは、下記の記事を参考にしてください👀

usvtvision.work

usvtvision.work

 

■フリッパーのチェックと判定方法

◎遠視の簡易チェックは、

・フリッパーの凹レンズで、焦点が合わないか、合うまで時間が数秒かかる

・凸レンズ側では、文字に焦点がすぐに合います

・右目と左目、片目づつ確認すること(チェックしない片目は、手で覆うか眼帯などで隠す)

・両目でもチェックする

簡易判定は、凹レンズ側での焦点合わせに問題がある場合は一度眼科でのチェックがお勧めです👁

スマホからの内斜視予防方法

・フリッパートレーニングを毎日1分間を2~3セットおこなうと毛様体筋の緊張が改善されて外眼筋の鼻側の筋肉「内直筋」と耳側の筋肉「外直筋」のストレッチで内斜視の予防ができます。

・凸レンズで耳側の筋肉を使い目を開き、凹レンズ鼻側の筋肉を使い目を寄せます。交互に1分間眼筋ストレッチ運動を行い柔軟にしてスマホからの内斜視を予防します

 

f:id:TARAchang:20210608110152j:plain

 

□ 調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング【調節緊張改善・調節スピード向上・外眼筋強化】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

 □輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

https://vision1121.thebase.in/


【まとめ】

近見視力不良の大きな原因は、上記で⑴⑵のような要件が考えられています。最近では、遠見視力だけでなく近見視力検査を取り入れている学校も増えてきました。とくに強度遠視の子どもは、早期発見と早期の眼科受診です。

フリッパートレーニングは、強度遠視の疑いのチェックと調節機能の柔軟性UP(調節緊張)、外眼筋の柔軟性のUP(内斜視防止)が見込める効果的な「目」のトレーニング方法です。

このデジタル社会は、子どもだけでなく大人まで、定期的な視覚機能チェックやトレーニングが求められる時代です👀

 

感覚統合については、

usvtvision.work

 

【近見視力研究の第一人者 大学教授 高橋ひとみさん】

www.aigan.co.jp

 

 

 

 

      

学習を理解するための眼球運動トレーニング方法!【跳躍性眼球運動/追従性眼球運動】US-VTビジョントレーニング

 

 

こんにちは!

 

子どもが、学習を理解するために一番重要な視覚機能である『眼球運動』のトレーニング方法を紹介します😌 学習を理解することに、もっとも重要なことは、正確に文章を読めて正しく理解することではないでしょうか🤔 正確に文章を読むためには、正しい眼球運動をコントロールする視機能が必要ですが、このデジタル社会で眼球運動のコントロールがうまくできない子どもが増えていることは過去の記事でお伝えしてきました。

 

f:id:TARAchang:20210603113108j:plain

 

usvtvision.work

 

『眼球運動』とは、跳躍性眼球運動と追従性眼球運動と2通りの運動があります。

◎跳躍性眼球運動(ちょうやくせいがんきゅううんどう)

目標物に対して視線を素早く飛ばす眼球運動(右から左、左から右、上から下、下から上と視線を素早く移動して見る)

◎追従性眼球運動(ついじゅうせいがんきゅううんどう)

目標物に対して視線を外すことなくゆっくり同じスピードで追いかける眼球運動

 

「読み」が苦手な子供は、この2つの眼球運動に問題があるケースが多いです😲 跳躍性眼球運動は、教科書の1行目から2行目に視線を移動する時に、上手く行間移動(ジャンプ)ができないので、1行目から3行目に視線が飛んでしまっています😨 また追従性眼球運動の苦手な子供は、縦読み横読み文字が、読んでいる途中で、文字を追う事ができないくなり、行の途中から2行目3行目に視線がズレてしまい文章の理解が困難になっています😨 そのため「読み」が上手く出来ずに文章も理解できません😲

 

【眼球運動の詳細は、過去記事を参考にしてください】

usvtvision.work

usvtvision.work

 

このような眼球運動に問題を抱える子どもが、大幅に増加しています。子どもの眼球運動のコントロール能力をチェックしトレーニングをすることが重要です😲

 

少し古い動画ですが非常に参考になる有益な動画です。世界中で視覚機能の問題で苦しんでいるいる子どもが多く、ビジョントレーニングで改善されていく子どもの様子です。アメリカでのビジョンセラピーは、発祥の地であり、歴史あるビジョントレーニング先進国です。

 

【EYEloveVISIONさん投稿動画参照】youtube


www.youtube.com

 

 

 子どもたちにチェックしてみましょう😊ここでのトレーニングは、ほんの一例です。

【跳躍性眼球運動・追従性眼球運動トレーニング方法】

■ 指を使わずにチェックしてみて下さい!

子どもの視線移動や速度、異常に頭や顔を動かして見ようとしていないか。すぐに指を使って見ようとしていないか。などを観察しながら見てあげてくださいね😌

 

⑴ 左右の数字は、同じでしょうか 👀

f:id:TARAchang:20210603095718j:plain

f:id:TARAchang:20210603100802j:plain

 

⑵ 左右の図形は同じでしょうか 👀

f:id:TARAchang:20210603100854j:plain

f:id:TARAchang:20210603101112j:plain

 

⑶ アンダーラインを引いた数字を素早く順番に読んでみましょう。縦、横の方向から正確に読むトレーニング方法です。

この子どもの「読み」のトレーニングは、簡単で非常にトレーニング効果が高いです😌 『指を使ってないか。アンダーラインの数字を飛ばしてないか。行間を飛ばし読んでないか。』などチェックしてみましょう。

f:id:TARAchang:20210603101820j:plain

f:id:TARAchang:20210603101845j:plain

 子どもの視覚認知トレーニング!上記のような数十種類の視覚機能向上トレーニングができるDVDが付いていて、PDF印刷できるようになっています。毎日の「見る」ためのチェックとトレーニングにはお勧めの一冊です👀😌

 

【まとめ】

「見る」「読む」「理解」するために、一番重要で基本的な目の機能である「眼球運動」👀少しの間スマホから目を離してこのような楽しみながら目の体操をやってみましょう😊

 

 

      

 

最近急に視力が落ちた⁉︎ピント調節に時間が掛かる⁉︎原因はこれです😲

usvtvision.work

usvtvision.work

 

US-VT ビジョントレーニング!トレーニングキット 調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング【調節緊張改善・調節スピード向上・外眼筋強化】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

 

 

 

 

 

 

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

スピードに対応できる「アスリートの目」を育てる!👀トレーニング方法はこれだ⁉︎ US-VTビジョントレーニング

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

 

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

 

 こんにちは!

 

本日は、全てのアスリートに必要なスピードに対応する「見る👀」ための視機能トレーニングの方法を紹介します😌

球技で例えると、相手の打った(投げた)ボールは下記の流れで、打ち返されます。

 

『見る』ために👀

 ※【情報を入力『目👁』→  認知・判断『脳🧠』→ 出力『手・足・身体🤾🏽‍♂️』】

 

f:id:TARAchang:20210528182248j:plain

相手の打ったボールは、目でとらえられ映像を脳に送り続けます。この映像情報(ボールの形・大きさ・色・自分との距離・ボールのスピード感etc)を脳で認知し判断ます。情報を認知、判断したならば手・足・身体を使って打ち返して行きます。

すごく当たり前のことでが、見落としのない正確な情報を、素早く、スムーズに身体に伝達するには、3つの流れに関連する機能を常に磨いておく必要がありますが、多くのアスリートは、「出力」の強化に時間と労力を使いますが、一番重要な「入力」の強化にはあまり時間を使っていません😲相手の打った、投げたボールの「軌道、角度、スピード、回転」の情報の大半(80%)は、視覚から得られるのですが、視力は「1.5」あるが、8種類ある視覚機能が一般の人の平均値より低いトップアスリートが、意外と多いことに驚きます💦

3つの「見る」ための流れが全て整って、最高のプレーが発揮できるのですが、「出力」は優れていても「入力」に問題があるとスピード感覚や情報の正確性につまづき最高のパフォーマンスが発揮できません😨

 

トップアスリートに必要な「入力」の視覚機能8種類は、下記の過去記事で確認したください👀

usvtvision.work

usvtvision.work

 

いかに『見る』ための「入力項目」である視覚機能を向上させるかで、スポーツパフォーマンスに大きな差が生じてきます。本日はこの入力項目の「スピードに対応できる目」を作るためのトレーニング方法を紹介します🤔

野球、テニス、卓球、バレー、バドミントンなど競技が球技系のスポーツである場合、相手の投げた、打ったボールのスピードは、競技別に下記の速度位といわれています😲

・野球投手・・・150~160k

・テニスサーブ・・・180~200k

・卓球スマッシュ・・・180k

・バレーアタック・・・130k

・バドミントンスマッシュ・・・493k

競技別でのアタックやスマッシュの初速スピードです。正面からのスピードボールを見極める視覚機能なのですが、迫ってくるボールと自分との距離感を認識する両眼視の機能と同時に焦点を合わせる調節機能を働かせます。この2種類の視機能の活性化が、スピードと正確性をしっかりと認識させ「見る」機能が飛躍的に伸びて相手ライバルと大きく差がでてきます🤔

レーニング方法は⁉︎

 

【スピードボールや相手パンチを見極める目を作る/フリッパートレーニング」

調節機能と両眼視機能を同時に飛躍的に向上させるトレーニング方法が「フリッパートレーニング」になります。フリッパートレーニングとは👀

f:id:TARAchang:20210525152944j:plain

 

【広島カープ 西川龍馬選手のフリッパートレーニング】

f:id:TARAchang:20210601083410j:plain

 

【プロボクサー・日本ユースウェルター級チャンピオン武尊選手のフリッパートレーニング】

f:id:TARAchang:20210601085429j:plain

効果①

■ピント調節機能の柔軟性強化

写真のように4枚のレンズがついた道具を使います。上2枚に凸レンズが付いていて、凸レンズ側で文字を見ると水晶体レンズを細くし毛様体筋をリラックスさせます😌下2枚に凹レンズが付いていて、凹レンズ側で見ると水晶体を膨らませて緊張させます。

毛様体筋を「緊張」→「リラックス」→「緊張」→「リラックス」することで眼筋の緊張感がほぐれ、水晶体レンズの動きが柔軟になり近くから遠くへのピント合わせもスムーズになりピント調節が素早くなります。

 

f:id:TARAchang:20210409092742j:plain

効果②
■ フリッパーを使うことで、外眼筋の柔軟性をUPし輻輳力と開散力を強化!

凸レンズ側で見て焦点を合わせることで、調節をリラックスすると同時に外直筋(耳側の筋肉)を使い目を外側に向けます(開散運動)。凹レンズ側で見ると水晶体を膨らませて調節を緊張させると同時に内直筋(鼻側の筋肉)を使い目を内側に向けます(輻輳運動)


『凸レンズ(開散) → 凹レンズ(輻輳)→ 凸レンズ(開散) → 凹レンズ(輻輳)→』このサイクルを1分間繰り返します。毎日数セット繰り返すことで外眼筋の柔軟性がUPし輻輳力と開散力が格段に強化されます。

 

【凸レンズ側・・・開散力の柔軟と強化】

フリッパーの凸レンズ側で見ると調節をリラックスさせ同時に外直筋を使い眼球を外側に開きます(開散運動) (下記イラスト赤い部位)

f:id:TARAchang:20210601075154j:plain

 

・開散運動が弱いアスリートのよくある症状!🤔 過去記事

usvtvision.work

 

【凹レンズ側・・・輻輳力の柔軟と強化】

フリッパーの凹レンズ側で見ると調節を緊張させ同時に内直筋を使い眼球を内側に向けます。水晶体レンズを膨らませます(輻輳運動) (下記イラスト赤い部位)

 

f:id:TARAchang:20210601073756j:plain

 

輻輳運動が弱いアスリートのよくある症状!🤔 過去記事

usvtvision.work

 

【まとめ】

このフリッパートレーニングは、アスリートにとって一番重要なスピードボールやパンチを見極める「目」の土台となる内眼筋と外眼筋を柔軟にして強化します。

200キロ前後のスピードボールや相手パンチを見極める外眼筋、輻輳運動と開散運動(鼻側眼筋を使い両目でしっかりと見て距離感覚を測る。寄せた目を素早く外側に向け瞬間的に遠くの目標を固定して視力を回復する)を強化し、内眼筋の毛様体筋の柔軟性をあげることでピント調節機能も飛躍的に向上します。

 

US-VT ビジョントレーニング!トレーニングキット 調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング【調節緊張改善・調節スピード向上・外眼筋強化】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

https://vision1121.thebase.in/

 

 ・両眼視と両目のチームワークを強化するトレーニング⁉︎

usvtvision.work

 

 

外界の映像の情報を素早く脳へ伝達する効果的なサプリメントは、ルテインやブルーベリーをサプリメントで補うと良いです

 

視覚機能の土台を作った上で、ビジョナップ(シャッタートレーニング)を使うとスピードに慣れやすくな動体視力の向上が期待できます 

 

 

 

アスリートのみなさんが知って欲しいパフォーマンス向上のための視覚機能トレーニン

       

注意力や集中力を欠く子どもの特徴⁉︎【輻輳不全(ふくそうふぜん)】が原因かも⁉︎ US-VTビジョン

 

こんにちは!

 

本日は、タイトルにある「子どもの輻輳不全(ふくそうふぜん)」について紹介したいと思います。🤔以前より輻輳不全についての記事は、多く書いてきましたが、あまりにもここ最近、子どもの視覚機能が問題で、学習につまづく子どもが多く悩んでいる保護者や先生が多いので、参考にして頂きたく今回も取り上げました。💦

 

輻輳不全』とは、近くを見る際に十分に「寄り目」ができない両眼視機能の低下の一つである。寄り目が上手くできないために、近くを見る作業が不正確になったり、注意力や集中力の低下につながっています😨

 

f:id:TARAchang:20210527134418j:plain

 

■ どのような目の状態なのでしょうか?🤔

近いものに視線を合わようとしても片目が内側に寄せられず外側に向いてしまう目です。ある一定の距離までは両目で目標物を見ますが、限界がくると片目が下記のイラストのように外側に向いてしまいます。

 

輻輳不全】真上からのイラスト

片目が目標物から外れてしまい外側に開いてしまっている😨

f:id:TARAchang:20210527140033j:plain


ある一定の距離とは、輻輳不全の症状や程度にもよりますが、目と目標物までが、20cmで、開いてしまう人もいれば30cmや50cmで開いてしまう人もいます。
輻輳不全の子供は、寄り目ができないので近くの文字を見たり書いたりする場合に非常に苦労します。この目と目標物までの距離が10cmより手前に近づけても両目がしっかりと目標物に向いていればその子の目は、両眼視機能が正常であるこということが言えます👀

 

■ どのような症状なのか?

輻輳不全を抱えている子どもは、手元の文字を読んだり書いたりする際に「複視」という症状を起こします。複視の症状は下記のイラストのような見え方を起します😨

 

f:id:TARAchang:20210527143838j:plain

横文字や縦文字の文章が、ダブって見えたり二重に見えたりします。この状態が長い時間続くと文字や画面を見る事に苦痛を感じ注意力や集中力がなくなってしまいます。他の子供に比べ何倍も体力を使いストレスを感じます😲

また、寄り目の限界がくると両眼視機能(両目で見ること)を止めてしまい両目で目標物を見なくなる子もいます。両目で見ることが苦痛なために片目で見てしまいます。このような症状を「抑制(よくせい)」といいます。文字が二重に見えることを脳が嫌うためです。これを放置してしまうと「斜視」に移行してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

輻輳不全の疑いがある子どもの行動

⑴ 机に向かっている姿勢が悪い

⑵ 読んだ書いたりで片目を隠したり閉じたりして見る

⑶ 本にグッと近づけて見る

⑷ 学習について集中力がない

⑸ 手書きの字かきたない

⑹ 運動が苦手で、特に球技系はボールをキャッチできない

 

■ 子どもの輻輳不全チェック方法

この動画のモデルさんは、プロボクサーの選手で、見事な輻輳運動(寄り目)をしてます。動画のように棒の先端(キャラクター)を見せて目に近づけます。棒の先端(キャラクター)が2つにダブったら(二重に見えたら)合図するように子どもに伝えます。目から10cm以上離れた距離で、ダブって見えるようでしたら輻輳不全の可能性が高いです。😨

また場合によっては、片目が早い段階で外側に向いてしまい二重に見えていることを自覚できない場合もあるので、子どもの目をよく観察しながら行ってください。

輻輳不全(寄り目)が苦手な子どもは、近くに物を置くだけで顔をそらせる子もいます。

輻輳不全は、ビジョントレーニングで改善できますので下記の動画や過去記事を参考にしてください。

 

輻輳不全改善トレーニング(寄り目のトレーニング)

レーニングは下記の過去記事を参考にしてください👀

 

【寄り目のトレーニング方法】

usvtvision.work

usvtvision.work

 

ブロックストリングのトレーニング方法】

輻輳運動、両目のチームワーク、両眼視の機能向上に最適なトレーニングです。

usvtvision.work

usvtvision.work

 

ブロックストリングや眼球運動、焦点合わせ等 トレーニングキット】

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

https://vision1121.thebase.in/

 

スマホやゲーム依存で遠くに焦点が合わない⁉️】

usvtvision.work

US-VT ビジョントレーニング!トレーニングキット 調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング 【調節緊張改善】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

 

【子どもの読み書き問題についての改善方法】過去記事

usvtvision.work

usvtvision.work

 

 【まとめ】

輻輳不全があると学習のつまづきだけでなく、目が疲れて日常生活や運動にも支障が出てきます。早期の段階で発見しトレーニングで改善ができるので、早めの対応が必要です。😌

  

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

 

 

 

      

激増する子供の『視力』低下👀 原因は近視でなかった⁉︎ US-VTビジョントレーニング

 

こんにちは!

 

最近、「近くから遠くを見る時に焦点が合わない」という子供さんが増えていることはご存知でしょうか⁉︎ デジタル機器(スマホ、ゲーム、タブレット等)を長時間、目を休めることなく見る生活が続くことで視力が落ちてしまうと、「目」が悪くなったと思いメガネやコンタクトレンズを購入しようと考えてしまいますが、このような症状の子供さんは、メガネを掛けると余計に症状を悪くしてしまう可能性があるので注意が必要です😲

このような症状は、視力の問題でなく視覚機能の疲労が一時的に視力低下を引き起こしている可能性が高いからです。メガネ屋さんに行くと近視のメガネを勧められるでしょうが、メガネを掛けると一時的に見えやすくなったと感じますが、掛けることで目の疲労が大きくなり度数を強く感じて、子供さんは、メガネを掛けなくなるでしょう💦

 

f:id:TARAchang:20210525092756j:plain

 急に下記のような子供さんの行動やしぐさが、みられるようであれば注意が必要です👀

 

◎家庭や学校で下記のような気づきがないですか💦 

 

【家庭】での気づき🤔

・急に視力が低下したと学校からの通知があった

・遠くを見る時やテレビを見る時に目を細めて見ている

・特に夕方から夜にかけて見えづらくなる様子

・近く⇄遠くのピント切り替えがスムーズにいかない。(数秒時間がかかる)

スマホタブレットを近づけ過ぎでは?と思う位の距離で見ている

・目を頻繁にこする

・近視用のメガネを購入したが掛けない。掛けると「強い、疲れる」という

 

【学校】学習での気づき🤔

・黒板の文字をノートに書き写すが他の生徒と比べて遅い

・黒板の文字を写す作業は疲れると言う

・誤字や脱字が多い

 

 ■ 原因について👁

このような症状がある子供の目の原因の多くは、【調節緊張】という状態で、近くの文字や画面を長時間見続けることによる目の内部の筋肉【毛様体筋】疲労により、遠くへのピント合わせができない状態になってしまっています。

下記のイラストを見てください。近くを見る時は、右側のイラストのように毛様体筋を緊張させて水晶体レンズを膨らませて手元(画面や文字)に焦点を合わせてます。この目の緊張状態の中で、何時間もスマホやゲームに熱中してしまうと毛様体筋が、疲労してしまい水晶体レンズを左のイラストのようにリラックス(レンズを細く)できなくなります。💦

リラックスすることで遠くに焦点が合うのですが、毛様体筋が緊張の中、水晶体レンズが膨らんだまま硬直してしまうためにレンズ調節(細くすること)がうまくできず、膨らんだレンズのまま回復できません。このため近視の状態になって、遠くが見えづらくなったりピント調節の切り替えに時間が掛かったりします😲

 

仮性近視の原因と症状を解説した医師の動画をどうぞ!

【港区 あまきクリックDr】YouTube


www.youtube.com


www.youtube.com

 

これが「見る力」の低下原因の一つです。以前は『仮性近視』と呼ばれてましたが、専門的には【調節緊張】と呼ばれています。このデジタル社会の中、子供たちにだけでなく大人にもこの症状の人は多くなってきてます。👁

 

f:id:TARAchang:20210525133458j:plain

 

■ 予防方法について👁

調節緊張症(仮性近視)にならないための予防方法とは🤔

スマホ使用時間を極力短くする。一番効果的ですが恐らく難しいでしょう😅

・目とスマホの距離を35cm位の一定の距離で見る

・ 1時間に一回は、画面から目を離し遠くにピントを合わせリラックスする

・目を蒸しタオルやアイウォーマーで温めることでリラックスの効果があります

 

■ 調節緊張(仮性近視)改善方法について👁

調節緊張状態を改善する一番効果のある方法は、毛様体筋のストレッチです。スマホやゲームの影響で毛様体筋が緊張して水晶体レンズが硬直してしまい遠くにうまく焦点合わせができなくなっているので、目のストレッチ運動で柔軟にすることが最良の方法です。

 

【調節フリッパーレンズを使ったトレーニング方法】

f:id:TARAchang:20210525152944j:plain

f:id:TARAchang:20210525153012j:plain

 

写真のように4枚のレンズがついた道具を使います。上2枚に凸レンズが付いていて、凸レンズ側で文字を見ると水晶体レンズを細くし毛様体筋をリラックスさせます😌下2枚に凹レンズが付いていて、凹レンズ側で見ると水晶体を膨らませて緊張させます。

一部の眼科でも取り入れている調節緊張の改善方法です。目薬を勧めるところもありますがますが、ダイナミックに毛様体筋を動かすストレッチが一番効果があると思います👀

すなわち毛様体筋を「緊張」→「リラックス」→「緊張」→「リラックス」することで筋肉の緊張感がほぐれ、水晶体レンズの動きが柔軟になり仮性近視の状態から解放されます😲

また近くから遠くへのピント合わせもスムーズになりピント調節は素早くなります。

 

フリッパーレンズを目の正面にセットし、テーブルに近点視力表を置きます。レンズを上下に交互にスライドさせて「凹レンズ、凸レンズ」を見て視力表の文字に焦点を合わせます。1分間交互に凹凸レンズを切り替えて見ることで毛様体筋と水晶体レンズを柔軟にします😌

このフリッパートレーニングで調節緊張(仮性近視)は、ほぼ改善します😌毎日1分間を2~3セットおこなうと良いでしょう👀

 

【まとめ】

デジタル社会で調節緊張(仮性近視)の目の子供さんは激増しています。ほとんどは急に視力が悪くなったと思いメガネを購入するケースが多いと思います。

しかしこの段階で、メガネを購入してしまうと実際の目より強い近視のメガネを使用することになり症状が悪化します。「掛けると気分が悪くなる、疲れる、以前より遠くにピントが合わせづらいくなった」などの症状が発生し、さらに使い続けると完全な近視に移行してしまう可能性が高く中度〜強度近視に進んでしまうことになります。なるべく早い段階での対応が必要です👀

 

調節フリッパー 👀

調節機能改善トレーニング【調節緊張改善・調節スピード向上・外眼筋強化】

調節フリッパーはこちらからどうぞ👀

ihttps://vision1121.thebase.in/ 

 

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

外界の情報の80%は、眼(視覚)から情報入力します。視覚機能を強化することで視覚機能改善効果が期待できパフォーマンスも向上します😌

https://vision1121.thebase.in/

 

【子どもさんの学習のつまづきを考える🤔】過去記事です

usvtvision.work

usvtvision.work

usvtvision.work

usvtvision.work

 

 アイウォーマーで毛様体筋の緊張をリラックス!

 

      

 

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

 

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

US-VTビジョントレーニング トップアスリートに必要な視覚機能とは⁉︎ 【後編】

US-VTビジョントレーニングがオンライン講座でも学べることになりました!👀】

ストアカ
 
 

植村 正

ビジョントレーニング【目の体操/視覚機能改善】

 

こんにちは!

 

本日は、前回の記事『トップアスリートに必要な視覚機能とは⁉︎ 前編』に引き続き【後編】をお伝えします👀

【前編】では、アスリートの「見る」ために必要な視機能[静止視力・動体視力・眼球運動・両眼視]を紹介しましたが【後編】では、[ピント調節・周辺視野・瞬間視・目と手の協調運動]、これらの重要な機能の向上や機能改善の方法を紹介いたします😌

※ 競技は、バレーのプレーを題材にしてお伝えします

f:id:TARAchang:20210521083959j:plain

 

【前編】の記事はこちらからどうぞ😌

usvtvision.work

 

【US-VTビジョン 視覚機能 全8種類】

⑸ 調節(ピント調節)

目標物に対してピントを合わせる機能です。下記のイラストのように眼の内部の水晶体というレンズの厚みを変えることにより遠くから近くまでのピントを合わせることが可能となります🤔

 

f:id:TARAchang:20210409092742j:plain

 

現在はデジタル社会の影響もありアスリートのみなさんも一日3時間以上スマホタブレットに集中しているのではないでしょうか⁉️これが原因で視覚機能の低下につながっているアスリートが多いということにも驚きます💦スマホを長時間見続けると上記(左イラスト)のような状態で水晶体が固まり毛様体筋の疲労で水晶体の動きが鈍くなり「遠く→ 近く/近く→ 遠く」のピント切り替え(調節)が遅くなります😲調節機能の低下は眼球運動(輻輳運動・開散運動)にも影響がでてしまうのでダブルで機能低下につながってしまいます😨

アスリートは、いろんな方向からくる目標物に対し眼球運動で視線を合わせると同時に、瞬間的にピント調節を行います。超高速で迫ってくるスピードボールに視線を向けたときピント合わせが出来ないことは当然ですが、ピント合わせを行なうと人間の生理的な反応で、目が「より目」になり輻輳(ふくそう)し同時に縮瞳し距離感覚やスピード感覚を頭の中で測ります。これが両眼視機能です👁

※しかし卓球のトップアスリートは、プレー中でもボールのロゴが見えているそうです。驚異的な動体視力と同時に驚異的な調節機能です😲

usvtvision.work

 

⑹ 周辺視野

競技中、静止した目標物と同時に周りの状況を見る(認知)機能です。🤔様々な競技種目がある中、どの競技のアスリートもこの周辺視野の範囲の広さは重要です。

例としてバレーボールのセッターをイメージしてください。常にボールをコントロールしながら相手コートのブロックの位置やフォーメーションを見て次の攻撃の判断を行なってます😌

アタッカーは、アタックに入った際、セッターの上げたボールと相手のブロックの位置や高さ、さらにブロッカーとの隙間を周辺視野で確認すると同時に相手フォーメーションも瞬間視やサッケードで確認しています。👀

バレーボールは、視野系のスポーツだという事がわかると思います👁

 

周辺視野とは⁉︎ 詳しくはココ😌

usvtvision.work

svtvision.work

 

⑺ 瞬間視

瞬間視とは、文字通り瞬間的に状態を得る視機能です🤔瞬間的に見た映像を正確かつスピーディに脳に伝達し理解する視機能です。このスピードが速いほど手・足・体の反応も速くなります😌

 

瞬間視とは⁉︎ 詳しくはココ😌

usvtvision.work

 

⑻ 目と手・足・体の協調運動

目でとらえ素早く手足で反応する(目と脳の情報伝達+体の動き)運動です😌アスリートのみなさんは競技において、正確性と身体のスピード(反応)としてプレーに現れます。

バレーボールのポジション別で、目の使い方と手・足・体の協調性をまとめてみました。前編、後編で紹介してきました視覚機能 ⑴~⑻をフルに機能させています🤔

 

レシーバーの動き

相手のサーブからボールが入ってくると「パスート(追従性眼球運動)」で、スピードボールや変化するボールの軌道を視線を外さずに追いかけます。👀🏐

同時にレシーバーは、自分に迫ってくるボールに対して輻輳運動(より目)」と「両眼視」「調節機能(焦点合わせ)」を使い、しっかりとボールの軌道を読み体を動かして素早く落下地点に移動し「目と手・足・体の協調運動」でセッターに返します。

 

セッターの動き

レシーバーからボールがくると、セッターはアタッカーにトスを上げるまで、視機能の能力を最大限使います。

最初に「周辺視野」でボールを追いながら、アタッカーの位置やトスを上げるタイミング、相手のブロック、相手コートのフォーメーション等を瞬時に判断する能力が必要になります。

これを見極めるための視機能は「サッケード(跳躍性眼球運動)」、「周辺視野」、「瞬間視」を駆使し「目と手・足・体の協調運動」で強弱をコントロールしながらボールを上げて行きます。

特にセッターは、視覚機能の能力が重視されるポジションなのです。👁😲

 

アタッカーの動き

セッターからトスが上がればアタッカーは、ボールの高さ位置を「中心視・周辺視野」で見ながら相手ブロッカーの隙間や高さを「サッケード(跳躍性眼球運動)」「周辺視野」で判断、同時に相手コートのフォーメーションを「瞬間視」で確認して空いている位置にストレートやクロスを打ち込んだり、フェイントやブロックアウトを狙ったり視機能を駆使します👁😲

また空中に浮いているボールに対してアタックを打つためには、自分がジャンプして跳び上がるタイミングとボールの落下してくる位置を見極める「両眼視」の視機能が重要になります!

 

f:id:TARAchang:20210521113733j:plain



 

【まとめ】

バレーボールを例にして『トップアスリートに必要な視覚機能とは⁉︎』と題して⑴~⑻までを前編と後編に分けて紹介しましたが、どの競技でも、この「見る」ための視覚機能が磨かれていることが重要で、ライバルと差をつけ勝利するには、この視覚機能の強化が勝利への近道ではないでしょうか🤔

 

US-VTビジョントレーニング!トレーニングキットブロックストリング付き 👀

輻輳運動・開散運動強化、両眼視トレーニング、DVA・KVA動体視力を作る!専用キットはこちらからどうぞ!! ブロックストリング付き!

3ヶ月のUS-VTトレーニングで、野球に必要な視覚機能が強化出来ます😌

驚異的な視機能をつくるUS-VTトレーニング・トレーニングキットです

https://vision1121.thebase.in/

 

■ 視空間認識能力・深視力を強化するブロックストリングトレーニング方法

usvtvision.work

usvtvision.work